2002年 5月 岐阜県宗教懇話会でこころの日運動を始める。「毎月8日は、こころの日」として運動を展開
          11月 国会議員、県会議員はじめ各方面に毎月8日は「こころの日」推進運動を展開。賛同支援の署名を集める。
2003年 1月 ポスター・ステッカーを作成し、こころの日推進運動の県下への広報活動を進める。協賛者の募集活動展開。
     8月 岐阜新聞(17万部)、中日新聞(41万部)に「毎月8日はこころの日」広告を1年間に亘って掲載。平成15年8月~平成16年7月まで
2004年 7月 感謝の集い開催 ホテルスポーツパルコにて
     12月 県議会で自民党議員代表による「こころの日」運動の質問。知事は、財界宗教宗派を超えて取り組まれていることに敬意を表している。
                   知事に就任して以来 「花・音楽・スポーツ」といった心を満たす施策を強化し、また「温故知新」運動を県民運動として進めてきた。
                   「こころの日」の運動は、こうした取り組みと共通するものであり、側面的・多面的に支援していくと答弁。
2005年 5月 こころの日推進委員会 第1回総会開催(設立総会)
          7月 宗教評論家 ひろ さちや氏を囲んで交流会開催
         10月 第1回 こころの日推進  ぎふ県民大会開催 岐阜市民会館にて1,500名参加。 講師 ひろ さちや氏
2006年 5月 こころの日推進委員会 第2回総会開催
     8月 多治見市に於いてこころの日ラッピングバスを運行	
         10月 第2回 こころの日推進 ぎふ県民大会開催 多治見市文化会館 講師 ペマ・ギャルポ氏 演奏 張照翔氏